SPECIAL TALK

2017年新入社員インタビュー

レキサス内定者に聞きました 入社前の本音

内定者の皆さん、今日は集まってくれてありがとうございます。皆さんはこの4月からいよいよレキサスクルーの一員となるわけですが、今日は皆さんが学生時代にどんなことをやっていて、最終的にどうしてレキサスへの就職を決めたのか、といったあたりの話を聞かせてほしくて、まだ入社前ですが集まってもらいました。このインタビューがレキサスへの就職を考えている学生の皆さんの参考になればいいなと思っています。よろしくお願いします!

小渡さんのほほえみ

HIROKAZU ODO

エンジニア / 琉球大学 工学部 情報工学科
弓道が好き

真剣な仲宗根さん

MINAE NAKASONE

エンジニア / 琉球大学 工学部 情報工学科
ゲーム(スマブラと麻雀)が好き

トークに夢中の西銘さん

TAIKI NISHIME

エンジニア / 琉球大学大学院 理工学研究科
ドライブが好き!

宮里さんの笑顔

SAYAKA MIYAZATO

デザイナー / インターナショナルデザインアカデミー
護身術を習いたい

質問に真剣に返答中の瀬底さん

HIROTO SESOKO

デザイナー / 沖縄国際大学 産業情報学部 産業情報学科
ラーメン屋めぐり(2杯がデフォ)

学校時代のこと

では初めに、皆さんが学生時代をどんなふうに過ごしていたかを教えてもらえますか?

瀬底:大学のゼミではロボットプログラミングやARをやっていたんですが、もともと高校の時からWebデザインが好きで、大学時代インターンしていた(レキサスとは別の)会社のWebサイトを作ったりもしました。他にも友人のシンガーのイラストや名刺、フライヤーを作ってあげたこともあります。

仲宗根:私の学生時代は主に大学での講義とイベント参加、アルバイトですね。大学のゼミではHTML5などを勉強していました。イベントは大学のゲームを作るグループのUnityイベントに参加したり、AWS(アマゾン ウェブ サービス)などのイベントに参加していました。アルバイトは接客業だったんですが、言葉遣いやお金の扱い方など、いろいろな心遣いを教えてもらいました。

小渡:大学のゼミでは分散処理の研究をしていました。あと、弓道やアルバイト、ロボコン(ロボットコンテスト)への参加など、いろいろやっていました。ロボコンはとても楽しくて二回出場しました。アルバイトはスーパーのレジ打ちからイベントの会場設営、Railsを使ったアプリのデバッグまで幅広く。特にデバッグのアルバイトは勉強にもなるのでオススメです。

学校時代のことについてトーク中の小渡さんと宮里さん

宮里:もともと好きなデザインを仕事にしたかったのですが、高校卒業時は未経験者の募集がなかったので、自分でお金を貯めて学校に行こうと。ある程度お金が貯まってメドが立った時点でデザインの専門学校に入学して、働きながら学校に通いました。学校では映像、Web、3DCG、音楽まで幅広く勉強したんですが、2年次の専門課程ではWebを選択して、某物販コンサルティング企業のWebサイトを作ったりもしました。

西銘:学生時代は深層学習による表情認識というテーマで研究していました。研究での思い出を挙げるなら、ゼミでの報告や問題共有など、その議論自体が大変でしたけど楽しかったです。研究以外だとWebアプリ作成、県外でのインターン、それからPython+Dataをテーマにした勉強会「PyData.OKINAWA」への参加だったりと、沢山のチャンスに恵まれた学生生活でした。

レキサスを知ったきっかけ

では、皆さんがレキサスを知った経緯を教えてもらえますか?

瀬底:学校にRyukyufrogs(リュウキュウフロッグス)のポスターがたくさん貼られていて、わりと有名な企業なのかな?という感じでレキサスのことはなんとなく認識はしていました。ですが、まわりのみんなが「レキサスに入りたい」と言っていて、そうなんだ〜と思ってまずはインターンに応募しました。

仲宗根:高校の時にレキサスに会社見学にきたのがきっかけです。その後もレキサスの名前は覚えていて、実はRyukyufrogsの報告会「LEAP DAY」を見に行ったこともあります。先輩がIT業界の方面に進んでいて、かっこいいな、と思うようになり...。大学内のインターン発表会でレキサスにインターンした人の発表を聞いたこともありました。

小渡:大学で実施されたインターンシップ説明会で知ったのがきっかけです。

宮里:私は学校の合同説明会に参加してレキサスを知りました。

西銘:自分はそもそも県外指向だったので沖縄の会社を調べてなかったんです…が、レキサスの名前は聞いたことあったので、説明会に参加しました。結局、沖縄の会社で説明会に参加したのはレキサスだけです。

レキサスを知ったきっかけについて教えてくれた瀬底さん

レキサスのインターンシップに参加してみて

瀬底さん、仲宗根さん、小渡さんはレキサスのインターンにも参加してくれましたよね。実際にやってみてどうでしたか?

瀬底:学内で行われたインターンの説明会が終わった直後に「これはやらねば!」と感じて早々にインターンに申し込みました。というのも、いろんな就活サイトを見ていたら「インターンが一番大事」という言葉を見つけて、インターンしないと受からないかな?と(笑)。

今回「インターン」と「採用面接」は別のものでしたが、インターンしてみて何か手応えがあったから面接を受けてくれたのかな?

瀬底:レキサスとは別の会社のインターンにも参加してみたんですが、そこがいろんな意味であまりにも大変だったんですね。その点レキサスはすごくアットホームで、フレームワークを作ったりとか、テクニックなどたくさん教えてもらうこともできて。でも実は、以前インターンしたところはとりあえずできればそれでよかったので、そういう意味ではレキサスの方が厳しいんですけどね。

仲宗根さんはどうでしたか?

仲宗根:インターンに応募した理由は、募集チラシを見て、です。前述の通りレキサスのことは高校の時から知っていたんですが、何をやってる会社かわからなかったので、とりあえずインターンに参加して、見てみようと思って。インターンではインフラチームに入って、AWSを結構丁寧に教えてもらいました。私は人に聞くのが苦手だったんですが、わからないところを丁寧に教えてもらえたので、聞いてもいいんだ、と安心できました。

小渡さんは?

小渡:そもそもインターンに来ようと思った経緯ですが、仕事ではハードからソフトまでやりたいと思っていたところ、ちょうどレキサスの説明会でIoTデバイス(ハロペiz)も作っているという話があって興味を持ちました。ハードからソフトまでやれる会社を探していろいろ回ったんですが、良いところが見つからなくて。そんなところにレキサスを見つけて。実際にインターンに来てみて、レキサスは他の会社より元気があるなと思いました。

盛り上がっている様子

レキサスに決めた理由

なるほど、では、たくさんある会社の中からレキサスを選んだ理由を教えてください。

西銘:他の会社というか、沖縄ではレキサスしか受けていません。あとは都内の会社だけ受けました。都内の会社は機械学習系の、研究開発とかスタートアップで国の仕事をする会社とか…だったんですが、沖縄にいながら自社サービスもあるし、研究開発もやっているし、大西さんと常盤木さんという百戦錬磨の人たちもいるし、面白いなぁと思って(笑)。また、自分は特に機械学習をやりたいんですが、機械学習を研究しているクバさんと時間を取って研究内容を共有してもらったりとゆっくり話せたのも良かったです。沖縄にこんな会社があると思っていませんでした。

瀬底:業界研究を始めたときに、めちゃめちゃカッコイイWebデザインをする会社があるなと。自分はとにかくかっこいいサイト、きれいなサイトを見るのが好きなので、そういうサイトをたくさん作っているのでレキサスに決めました。「イケてるサイト」を紹介しているサイトに、レキサスが作ったWebサイトが取り上げられたりもしていますよね。

仲宗根:私はあれもやりたいこれもやりたいの八方美人なんですが、レキサスは実務面でも遊びの面でもエキスパートなので憧れて…。いろんなタイプの人がいるので話していて楽しいです!

宮里:比屋根社長の「”人件費格差を強みとする沖縄”を何とかしたい」に強く共感したことです。他社のインターンに行ったとき、「会社の目標と自分の目標が合っているところに入社したほうがいい」と言われたんですが、この比屋根社長の言葉への共感がレキサスを選んだ理由です。もともと某大手県内スーパーで働いていたんですが、正社員と同じくらい働いていたのに月に10万円くらいしかなくて、そこで労働環境というものに疑問を持ち始めて。デザインをやりたいというのももちろんありますけど、沖縄の労働環境の水準を上げたいという気持ちも強いです。

小渡:インターンシップが決め手になりました。沖縄県内や東京の会社の入社試験も受けていたんですが、レキサスで機械学習をテーマにインターンしていた時、自分が書いたソースコードをクバさんがチェックしてくれて、結果100行のソースコードが50行まで減って...衝撃でした(笑)

学生の皆さんへメッセージ

では最後に、学生の皆さんへのメッセージがあればお願いします。

仲宗根:インターンシップはその会社の雰囲気がはっきり分かるので、参加したほうがいいと思います!

小渡:就活って結構たのしいよ(笑)!インターンシップや面接で色々な県に行って充実してました。

瀬底:んん〜自分は結構就活大変だったなぁ。苦しかった・・・。メッセージ・・・まとまりません(笑)

西銘:自分がやりたいことを明確にしておくといいと思います!

宮里:素の自分をしっかり見てもらって、それを受け入れてくれる会社を選ぶといいと思います!

皆さん今日はありがとうございました!

綺麗なハートを作っている様子