IT技術で
社会貢献したい!

TOSHIHIRO MAEDA

Webエンジニア
2011年度新卒入社

初めに、この業界に興味を持ったきっかけを教えてもらえますか?

小学校の時からゲームが好きで、実際に自分の手で創ってみたいと思ったのが始まりです。中学時代は、ロボコン(ロボットコンテスト)に夢中になっていましたね。高校時代もその意識は変わらず、自分のIT技術で周りの人の役に立ちたいと思い、ITの道に進みました。しかし、工学系の大学に進学した僕は、膨大な課題に追われ、自分が本当にやりたいことと目の前のやらなければならないことにギャップを感じるようになりました。

なるほど。その後どのような経緯でレキサスに入社したのでしょうか?

そんな大学生活を打破するため、大学の仲間とビジネスサークルを立ち上げました。この活動を通してビジネスへの興味が強くなり、ウェブサイトの受託開発を行ったり、県内ベンチャー企業の社長を訪問するなど、さまざまなアクションを起こしました。その活動の中で、レキサス社長の比屋根と出会いました。比屋根からの提案でIT frogs(現:Ryukyufrogs)の立ち上げにも関わらせてもらい、実際に自分自身も参加を申し込んでみたりと、やってみたいことにどんどん挑戦していきましたね。その後は2年間レキサスで琉球Aid(リュウキュウエイド)というNPO向けの寄付サイトを企画開発する経験をさせていただき、大学卒業と同時にレキサスに入社しました。小学校の時からのITに対するブレない気持ちが、僕とレキサスの出会いを引き寄せたのだと思います。

ホワイトボードで問題を可視化

実際にレキサスに入ってみてどうでしたか?

入社当初は自分の目指しているものと、持っているスキルが追いつかなくて、努力、努力の毎日でした。周りの先輩エンジニアからのアドバイスや協力があって、何とか頑張ることができたと思います。その努力の甲斐あってか、現在ではPhoto Bridgeのチームリーダーを任せられています。開発業務だけではなく、メンバーのリソース管理、プロジェクトの工数管理など、プロジェクト全体のマネジメント業務も行っています。お客さまの課題や開発上の課題をチームで一丸となって考え、メンバーと共に乗り切ることができたとき、達成感をすごく感じます。しかし、日々の業務をこなしていると、どうしても慣れが生じてくるんですよね。慣れに甘えず自分に奢らないように初心に帰ることをいつも意識しています。時に難題もありますが、新しいものを積極的に取り入れ行動する力、フットワークの軽さなどが、Webエンジニアには大事だと感じました。

オフィスでの様子

前田さんは社会活動への意識も強いですよね?

僕はPhoto Bridgeのリーダーをしている傍ら、先にお話した琉球Aidというソーシャル事業をいまもやっています。琉球Aidは学生時代からコツコツと活動していたプロジェクトで、世界中から沖縄のために寄付などのアクションができるサービスなんですよ。レキサスは若くても、自ら望めばたくさんの可能性に挑戦させてもらえるような場所だと強く感じています。

僕自身、学生時代にレキサスと出会って、IT frogs(現:Ryukyufrogs)への参加や琉球Aidの企画開発をしたことで、こういった挑戦できる機会があるだけで人は変われるんだと感じました。沖縄の学生にも同じことを体験してほしいと思うようになり、人材育成にも興味を持っています。また、琉球Aidの活動の中で沖縄の社会問題について勉強する機会もあり、沖縄の問題を解決したいという気持ちはさらに強くなりました。ビジョンとしてはIT技術で沖縄の社会問題を解決するのと同時に、それを通して人材育成を行っていくことです。実はプライベートでも学生時代の友達と、社会と沖縄の若者をつなげるプロジェクトを企画しているんです。やりたいことをやっているので、結果として仕事みたいなことも僕の息抜きになっているんですよね。

実はこれ、バランスボールに乗ってるんです。

レキサスへの入社を検討されている皆さんにメッセージをお願いします。

レキサスは若い人がチャンスをつかめる場所です。入社当初から新人扱いせず、一人の社員として対等に見てくれる上司が集まっています。自分の意見が言いやすい環境で、どんな方向にも自分を伸ばせるような職場です。 もし学生の間にやりたいことがあるなら、できない言い訳を作るのではなく、どうやればできるかを考えて行動してほしいなと思います。自分で自分の限界を作らないでほしいかな。行動を起こせたことが大事で結果が重要ではないですから。そのやりたいことを実現していく環境としてぜひレキサスを使ってほしいです。そして、そんな意識を持った仲間と僕は一緒に働きたいです!

ありがとうございます。では最後に、前田さんの将来の夢を教えてください。

NPOを始めとした社会的課題に取り組む非営利事業を行う方々を、IT技術でサポートすることです。

沖縄は医療・福祉を始め、環境・教育など様々な分野で課題を抱えており、その課題解決に対して日々取り組んでいる人達が多くいます。このような非営利活動においては"人材不足" "資金不足" "認知度不足"という大きく3つの切実な問題があり、ITを活用することで、その問題を解決していけると考えています。

ちなみに、私が学生時代にレキサスへのインターンシップ中に立ち上げた沖縄のための寄付サイト「琉球Aid」は、"資金不足" "認知度不足"を解決する手段の一つです。まずはこの沖縄で事例を作り、今後県外・海外へと仕組み・サービスを広げて行きたいです。